初めての ソロモン 出張

2014年 6月 30日

こんにちは

有限会社フジマキの藤巻俊和です。

中古車輸出を始めて3年になりますが、世界はなかなか甘くない・・・

苦戦しながらも、頑張っています

世界で一番伸びていて市場規模が大きい輸出大陸アフリカのザンビアに去年は行ってきました。

今年は、あえて小さな市場をやってみよう。

という事で、先週ソロモン諸島の首都、ホニアラへ行ってきました。

ホニアラへは、オーストラリア経由かパプアニューギニアのポートモレスビー経由で行きます。

今回、私は週一便だけ就航している成田-ポートモレスビー経由のホニアラ(ヘンダーソン国際空港)行きのニューギニア航空を利用して行ってきました。

IMG_1182[1]

夜9:05成田発 ニューギニア航空 PX55便です。30分遅れで出発でした。

機材はボーイング737-800 座席は6Fだったのでちょうどエンジンの先端が横に見える窓側席で乗り心地は良かったです

 

DSC04845

すげ~混んでる~

と、思ったら・・・

 

DSC04847

みんな隣のチャイナエアラインに乗ってしまって、ポートモレスビー行は、ガラガラでした

 

DSC04849

座席は三列ずつで、三列を一人で占領

 

IMG_1183[1]

機内食は期待してなかったですが、美味しかった~

成田からポートモレスビーまでは約7時間のフライトです。

機内の映画を見たかったのですが、寝る事にしました

DSC04856 DSC04857

 

よく寝れたような寝れないような・・・

なんだか、体中痛かったです(笑)

 

そして、現地時間(日本+1時間)朝の5時半頃、ポートモレスビー(ジャクソン国際空港)に到着しました

 

DSC04860

 

乗継の待合室です。

売店もまだ営業しておらず、何もする事無し・・・
空港にはもちろんフリーの無線LANもありません。

iPadから、ちょっとだけネットに繋いだら、「ソフトバンクからパケ放題の対象地域外」
とショートメールがきましたが、ちょっとだけなら・・・
と思って、使用したら、またソフトバンクからメールが着ました

「海外パケット料金が10,000円になりました」みたいなメール・・・

ひえ~!ヤバイ、絶対やめようと思い慌ててネットを切りました
次のホニアラ行は10:00発です。それにしてもやる事無いので、寝てみたり、英語の勉強したり・・・

そしてやっと10:00になりました
しかし、搭乗案内は無し・・・

DSC04867

結局、ここでも30分遅れで出発でした。
機材はボーイング737‐700で成田から乗った機材と内装やシートは、ほぼ一緒でした。
ここから、約2時間半のフライトです。

機内に乗り、しばらくするとソロモンの入国カードが配られました。
当たり前ですが、英語で何を書いてあるかわからん・・・

DSC04868

隣に座ったラバウルから来たという20歳の子に教えてもらいながら、入国カードを記入しました
親切な子で助かりました。彼女は研修か何かで、ホニアラに一週間行くと言っていました。

写真を一緒に撮ろう。といって撮ったのですが、自我撮りに慣れてない私・・・
顔を引かなきゃ、自分も写らない。と思ったら、顔が引きつってしまいました(汗)

DSC04871

そんなこんなで、約30分遅れの13:45頃、無事ヘンダーソン国際空港に到着しました。
心配なのは、現地の方が迎えに来てくれているか?現地のメレとは初顔合わせだからです。

しかし、メレは奥さんと子供と一緒に、フジマキ輸出用ステッカーを持って待っていてくれました。
よかった~と同時に一安心・・・

初めての地で、初めて会う現地のメレとの緊張の一週間がはじまりました。

つづく・・・


“初めての ソロモン 出張” 1件のコメント

  • toshikatu tsuji より:

    ジャクソン空港の待合室の写真拝見し、きれいなのに驚きました。
    20数年前ポートモレスビーに住んでおりまして、頻繁に空港を利用しいました。
    当時の熱風が吹き抜ける空港の待合室が思い出し時代の流れを感じました。